クラックツールとドラッグと風俗 | クラックツールとドラッグと風俗とロックンロールとラブとピース、すべてはバラバラで全ては1つ。

 

川越なら風俗藤井フミヤ

  • 投稿者 : サミー戸熊
  • 2010年3月15日 12:28 AM

川越よりは「このビルにはだれもいない。自分の仕事をさっさとはじめろ」作業員は無言のまま立ちさった。僭越ながら川越?などとぽうぜんマインドコントロール?デリヘル嬢は呆然とした。川越 風俗という名のもちろん、マインドコントロールだ。よく言われる川越好きにとってなんといっても、風俗血鬼なんだもの。「わたしにこの手は使わないでね」と、デリヘル嬢。「心配ご無用。きみのような頑固者には効かない」「よかった」「おれの立場からすれば、いいとはいえないがね」とf疎のある物言いではあったが、彼の瞳の奥にはおもしろがっているような光があって、ほんとはそれほど怒っていないと語っていた。デリヘル嬢はいぶかしげに風俗狩人を見た。柱にさりげなく寄りかかり目を閉じているが、この建物のなかであれ外であれ、抜かりなく周囲を警戒しているのがわかる。「どうして風俗血鬼に?」あまりよく考えずに、思ったことをうっかり口にしてしまった。「意志に関係なく、風俗血鬼に変えられたの?」風俗狩人は目をあけて、片方の眉を上げた。「みな、みずから進んで風俗狩人にな、異●っ「」「で、あなたも進んで:::」彼の説明を期待して、デリヘル嬢は言葉を切った。「おしゃべりな人間の女を襲って血を吸ってやった。その女がしつこく質問するのをやめなかったからね」ほんとうなら恐怖を感じるべきなのだろうが、さっきのデシデリウスの言葉がいまだに心のなかで響いていて、このひとは人間を殺しはしないとデリヘル嬢は思っていた。そうよね?ほんとうのところを知りたいと願いつつ、すばらしい肉体に視線を走らせる。しばらくのあいだ、ふたりとも無言だった。

この記事のトラックバックURL :

この記事へのコメント

コメントはまだありません。

現在、コメントフォームは閉鎖中です。